学科のディプロマ ポリシー(学位授与の方針)

 当学科のディプロマポリシー(学位授与の方針)は
『産業界だけでなく、 社会に誠実に向き合える自立した人物になるために、電子工学を核とする適用技術の要素と必要性を 確実に学ぶことを通じて、持続的かつ発展的に「知的生産」に寄与し得る知識・技能・態度が習得できていること。』
です。
 即ち、共通教育と専門教育を通じた人格形成を課し、この学科を卒業する時、確かな知的基盤に基づく真摯な自信を備え、 向上心に富んだ人物になっていることです。

学科のカリキュラム ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 当学科では、これからの社会における高機能システムの存在価値を考え、組込み技術(Embedded Technology)等、 コンピュータを核とする機器(スマートシステム)を有為に動作させ、制御するための要素技術を学ぶことで、以下のような具体的な能力(要素)を習得します。

 ・社会背景や技術背景を理解し、それに基づき目標を設定できる。
 ・目標を数値化できる。
 ・結果を具現化する対象(実物)をモデル化できる。
 ・対象の現状を正確または的確に測定できる。
 ・現状と目標との誤差を正確に認識し効果的に補正できる。

 これらは、「知的生産技術」の要として幅広い分野に応用できます。 当学科は、上記の要素を共通教育科目群(初年次教育、共通基礎科目、キャリア教育)と広く工学の基礎となる 数学・物理学などの専門基礎科目群、そして、電子工学を中核とする専門教育科目群とに効果的に対応付けた教育課程を編成し、 アクティブラーニングによる「掴み取る学習」で「学びの成果を形にする」教育を実践します。

学科のアドミッション ポリシー(入学者受け入れの方針)

 当学科は、電子工学技術をベースとして、われわれの生活を支える多様な装置に「感覚と頭脳」を与えることを学ぶ学科であり、 そこで学ぶ技術は、装置の性格を決めるともいえます。従って、将来、瑞々しい感性に基づき、人や環境の視点に立った技術を開拓できる 知識、技能、そして、態度を備えた人材となることができる、以下のような資質を持つ人を求めています。

 ・身の回りにある装置や科学現象(理科)に興味を持ち、それらを知ろうとする人
 ・専門分野の基礎となる、数学、物理の必要性を理解し、それらを積極的に学び、発展させることができる人
 ・「ものづくり」に積極的に取り組み、自らのアイデアを実現したい人
 ・人および自然に調和する新しい工学技術を創生したい人

学科のカリキュラム構成


【スマートシステム学科のカリキュラムマップ】 (PDF)
【電子・ロボット工学科のカリキュラムマップ】 (PDF)